パンドラの箱は開けられた

10代の時に人生に起こるべく事は起きた。兄の死。父親の事業で数千万の借金が発覚し、両親離婚。ヤミ金から逃げるため夜逃げならぬ昼逃げ。そして25歳で起業。色々あったなぁ、ホントに。。私の色々な体験談を書いていきたいと思います。

続・30台はほぼ厄年

相変わらず厄年感が続いている。

 

厄払いに行けば多少は勘弁してもらえるのかな。

 

払うお金の差でイヤなことが起きる確率変わるのかな。

 

謎。