パンドラの箱は開けられた

10代の時に人生に起こるべく事は起きた。兄の死。父親の事業で数千万の借金が発覚し、両親離婚。ヤミ金から逃げるため夜逃げならぬ昼逃げ。そして25歳で起業。色々あったなぁ、ホントに。。私の色々な体験談を書いていきたいと思います。

嗚呼、勘違い ~この読み方は?編~

私が小学生だったとき、車でいつも通る道に広めの駐車場があった。

 

駐車場の金網に張ってあった求人の看板の文字がいつも気になっていた。

 

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー

I       求む!       I

I                                                                  I 

I              事業拡大の為                       I 

I                                                                  I 

I         給与  ◯◯円                     I                            

I                     若干名 募集                      I 

I                                                                  I 

I                                                                  I 

I                           ◯◯会社                     I 

I      ☎️    ◯◯◯◯ー◯◯ ー◯◯◯◯     I 

I  ー ー ー      ー ー ー ー ー   I               

 

この看板を見る度に

『この会社すごく人が足りないんだなぁ、若い人が千人も必要なんて。どれだけ大きな会社なんだろう。』

と思っていた。

 

 

 

 ジャッカンメイ

 

 

 

その後、無事に正解がわかった。

 

そして一つ大人になった。